良質な睡眠が美容の鍵なんです

良い睡眠のとり方

どんな美容法よりも効果的なのが、良質な睡眠だと思います。

 

日本は平均7時間半の睡眠だという検証結果がありますが、実際美容に敏感な20代〜40代の女性は、7時間半も睡眠できていないのではないかと思います。

 

 

6時間代の人が多いのではないでしょうか。あまり夜更かしたり不規則な睡眠時間を続けていると、寝ている際の成長ホルモンがしっかりと分泌されません。

 

 

成長ホルモンはお肌にとって大切なコラーゲンやケラチンを生成してくれるので、お肌のハリとツヤがアップします。

 

 

 

クマやくすみにも効果的ですので、これ以上の美容法はないのではと思います。しかし夜ってやる事が多くて、なかなか理想的な睡眠時間を保持できないのが現状です。そんな現代社会で今注目されつつあるのが、お昼寝です。

 

 

 

誰もが体験した事のあるお昼寝。寝すぎてしまうと身体が怠くなってしまうのが欠点ですが、これにもきちんとした理由があるのです。30分以上寝てしまうと、身体が本格的な睡眠モードに入ってしまいます。その後起きても身体が怠く、動けなくなってしまいます。

 

 

 

 

ですから、本来午後1時頃の昼寝であり、昼寝時間は10〜15分が理想的なのだそう。しかし10〜15分、短的に良質な昼寝を定期付けるのは難しい可能性があります。

 

 

 

そんな昼寝のお伴として最適なのがコーヒーです。コーヒーにはカフェインが入っているから目が冴えるのでは?と思われがちですが、カフェインが効いてくるのは20分後からです。ですから短い睡眠時間の後、丁度良いタイミングでスッキリ爽快に目覚める事が期待できます。

 

 

 

近年ではお昼寝カフェなんかもあり、朝の報道番組で特集されていました。お昼寝カフェにカメラが入ると、その場所には多数のハンモックが!ご飯も食べれるしメイクなおしも出来るそう。一度ハンモックでうとうと寝てみたい・・・そんな淡い夢を抱いている私ですが、私が住む地方にはその様な風変りカフェがないので、都会に憧れたりします。

 

 

 

他にも、マッサージしてもらえるお昼寝カフェも紹介されており、そちらもかなりオシャレで魅力的でした。忙しい日本では、なかなかお昼寝美容には特化してくれないかもしれません。

 

 

 

仕事が忙しいのに自分だけ優雅に昼寝する訳にいきませんしね。でもたまにはお昼寝も素敵だと思います。安く済み、尚且つ一番効果てきめんな美容法だと思います。